ブログトップ

喫茶&美容のファルダハウス

falda.exblog.jp

ようこそ山中温泉ファルダハウスへ

能登の地震から・・・

能登の地震から1ヶ月過ぎて

昨日、地震で1ヶ月遅れていた飲食組合の県理事会が行われた。
店が全壊した、穴水の理事の方も、やつれた顔で出席されていた
「理事会どころでは無いのだが」見舞金の御礼と組合員の何時再開できるか分からない現状での組合費免除を、との事「定款には記載していないためお願いに来た」との申し出があり特例で全会一致で当然の事と受け止めた。
店舗内の写真等を見せていただき、地震の怖さを痛切に思い知らせれた。
翌日、店でそんな話を常連さんとしていた時、昭和23年の福井地震の話しになった時、近所の肉屋の親父さんが、その時の新聞のコピーがある、とコピーしてくれた。
f0040703_12252774.jpg

ナント悲惨な記事の中には「一番ひどい丸岡町」
「倒壊全焼二劇場千人が死亡」f0040703_1221718.jpg
「関東震災以上の惨事」等々数枚の新聞のコピーを見てあの時は水無山の上が真っ赤になった、との話しなど地震の怖さ悲惨さを話していた。店を閉めてから、改めて読むと・・・
「江沼郡の被害状況」見出し!大聖寺死者十五・負傷百・家屋全壊百七十半壊三百・山中・軽傷三〇山中共同浴場(総湯)半壊」とあった・・・
昭和二三年六月二八日午後五時頃の福井地震から、60年しか経って無い!
山中は、岩盤地帯だから。。。と思ってた事に当時の新聞を見て、災害の怖さを痛切に感じた
f0040703_12504964.jpg

当時は北国新聞が」「北国毎日新聞」だった事など普通なら面白いブログネタになるが、
記事を読んでいたらとてもそんな気分になれない!
改めて平穏な時に生かされている事に感謝しなければならない
[PR]
by faldahouse | 2007-04-29 13:39 | おいらの日記